桜の花を作ろう!【ペーパークイリングの作り方】

こんにちは。Shillyのつくりびとyu_kiです。

ペーパークイリングの桜の花の作り方です。

『スクロールドロップ』をちょっと変形させて
桜の花びらを作ります。

作り方を覚えてしまえば、大小様々な桜が作れます。
では、早速作っていきましょう!

参考:スクロールの応用パーツの作り方

桜の花の作り方

  1. 桜の花の作り方
  2. 桜の花のサイズとバリエーション
  3. 動画で作り方を確認しよう!
  4. おまけ

桜の花の作り方

1.長さ29mm、幅5mmのクイリングペーパーを巻く
2.14mmのスクロールを作る
3.スクロールを摘まんでスクロールドロップにする
4.クイリングペーパーの端をボンドでとめる
5.折り目をしっかりと持つ
6.孤の部分にクイリングスロットをあてる
7.クイリングスロットを中心に向けて真っ直ぐ押し込む
これを5つ作って、桜の花の完成です🌸

6.の時、スロットの溝の部分をクイリングペーパーにあてると、滑りにくくなり、作りやすいですよ。
7.はスロットを押し込みつつ、外側のクイリングペーパーを上にずらすような感じです。

何個か作ると、慣れてくると思いますので、くるくる練習してくださいね。

今回、使用している道具については
『クイリングの基本道具4つ』をご覧ください。

桜の花のサイズとバリエーションール

クイリングペーパーの長さは全て29cmで作りました。
一番小さい桜の花は、29cmのペーパーを半分に切って使いました。
1円硬貨でサイズを比較してくださいね。

クイリングペーパーの幅は5mmと3mmの2種類です。
幅が太い方が大きく作りやすく、幅が狭い方が小さい花を作りやすいです。

29cmの長さだと、直径14mmぐらいまでが作るのにいいサイズかなと思いました。
これ以上大きくなると、花びらの巻がスカスカになってしまい、可愛くなくなってしまう気がします。ただサイズ感は作品の雰囲気や好みの問題ですので、あくまでも目安程度に。

2色のクイリングペーパーを使ったバリエーションです。
クイリングペーパーの長さは全て29cmから作っています。
1.ペーパー1本と、1/4本に切ったペーパーを繋いで、14mmのスクロールドロップで作りました。ちょっと見づらいですが、中心が1/4本のペーパーです。
2.ペーパー1/2本と1/4本を繋いで、10mmのスクロールドロップで作りました。
3.ペーパー1/2本を2種類繋いで、10mmのスクロールドロップで作りました。
4.ペーパー1/4本を2種類繋いで、7mmのスクロールドロップで作りました。

3色使ってもいいですし、2色を交互に2回とか繋げてもいいと思います。
もちろん、同じ色を数本繋いで、大きな桜の花を作るのもいいですね。

動画で作り方を確認しよう!

YouTubeで作り方動画を公開しています。
1分30秒ほどのコンパクトにまとめた作り方動画ですので、
文字だけではわかりにくい場合は参考にご覧ください。

おまけ

今回使用したクイリングペーパのセットを販売中です。
さくらカラーの3色グラデーション。
満開の桜を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください