スクロールの応用パーツの作り方

クイリングの基本パーツ『スクロール』からつくれる応用パーツの紹介です。

今回紹介する応用パーツをマスターすれば、上の写真のようなお花と葉っぱが簡単に作れるようになります。

作り方動画もアップしましたので、そちらも見ながら是非チャレンジしてみてください。

今回は応用パーツのの中でも基本の3つをご紹介します。

基本のスクロールパーツの作り方については『クイリング基本パーツ2『スクロール』の作り方』をご覧ください。

 

目次

  1. スクロールドロップ
  2. スクロールアーモンド
  3. スクロールリーフ
  4. 動画でチェック

 

1.スクロールドロップ

見たとおり、しずく(ドロップ)型のパーツです。

単に『ドロップ』でもいいのですが、『リングドロップ』と区別するために『スクロール』を頭に付けています。

作り方は、とても簡単!

スクロールの1箇所をつまむだけ!

スクロールの巻き終わりをつまむと綺麗にできます。あまり親指に力を入れない方が綺麗にできます。

 

 

2.スクロールアーモンド

こちらも見たまま、アーモンド型のパーツです。

そして、『リングアーモンド』と区別するために『スクロール』を頭に付けています。

今度はスクロールの2箇所をつまむだけ!

スクロールの巻き終わりと反対側をつまむと綺麗にできます。左右同じ力加減でやんわりつまむのがコツです。

 

 

3.スクロールスリーフ

こちらも見たままリーフ(葉っぱ)です。
『リングリーフ』は無いので、単に『リーフ』でもいいのですが、ここまできたら『スクロール』を付けた方がおさまりがいいかなと。

今度はスクロールの巻き終わりと反対側をきつくつまんで、S字にグイっと曲げます。

かなり思い切って曲げた方が綺麗なリーフになります。

 

 

4.動画でチェック

最後に動画で確認してみてください。

クイリング1分レッスン『スクロールの応用パーツの作り方』

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください